KuCoin(クーコイン)の登録方法と使い方|評判とチャート手数料とは

【世界初!レバレッジ500倍取引所】

2018年8月25日に正式オープンします!

登録方法は、非常に簡単です。

メールアドレスを入力するのみ!

こちらから無料登録することができます⇩

先行で無料登録する
【お急ぎください!口座開設できない可能性があります。】

今回の取引所の口座は二度と作れないプレミアム口座となる可能性が非常に高いです。

それはなぜなのか?

日本の法規制が9月以降変えられる可能性が高いです。

チャンスを逃さないために、無料登録を済ませておきましょう。

先行で無料登録する

KuCoin(クーコイン)の登録方法と使いやすさに関してまとめていきたいと思います。

仮想通貨取引所のバイナンスが、新規登録が中止になっているためKuCoin(クーコイン)の新規登録が増えています。

なぜKuCoin(クーコイン)の新規登録が増えているのかというと、チャートが非常に見やすいという特徴が開けられます。

しかもKuCoin(クーコイン)は、日本語にも対応している仮想通貨取引所のため、多くの日本人が登録しています。

KuCoin(クーコイン)のサイトは操作性がわかりやすく、日本の取引所では扱っていないアルトコインを多数扱っているため、非常に柔軟性のある仮想通貨取引じゃないか感じます。

 KuCoin(クーコイン)の登録方法と使い方|評判とチャート手数料とは

KuCoin(クーコイン)とは

KuCoin(クーコイン)香港を拠点の仮想通貨取引所

2017年9月15日に新規オープン

現在、68銘柄の仮想通貨を取り扱っています。

取り扱い通貨に関しては、

ACT, AION, AMB, BCD, BCH, BCPT, BHC, BNTY, BTC, BTG, BTM, CAG, CFD, CVC, DASH, DBC, DENT, DGB, DRGN, ELIX, EOS, ETC, ETH, EVX, FLIXX, GAS, GVT, HSR, HST, KCS, KNC, LA, LEND, LTC, MOD, MTH, NEBL, NEO, NULS, OMG, ONION, PAY, PBL, POLL, POWR, PPT, PRL, PURA, QLC, QSP, QTUM, R, RDN, REQ, RHOC, RPX, SNM, SNOV, SNT, STX, SUB, TFL, UKG, UTK, VEN, WTC, XAS, XLR

となっています。

非常に多くの仮想通貨をトレードする環境が整っています。

KuCoin(クーコイン)の特徴

NEOを基軸通貨にし、トレードをする環境が整っています。

現在多くの仮想通貨取引所はBTCを基軸通貨にトレードする仮想通貨取引所が多いですが、KuCoin(クーコイン)はNEOを基軸通貨にするなどこの仮想通貨取引所とは比べ物にならない対応の早さを見せています。

今後も様々な基軸通貨を増やすことによって、世界中の仮想通貨取引ユーザーを対象に使用者を増やしていく戦略であると考えます。

KuCoin(クーコイン)の独自トークンKucoin Shares / KCS

KuCoin(クーコイン)は、独自のトークンKucoin Shares / KCS を発行しています。

KuCoin(クーコイン)の登録方法

KuCoinはメールアドレスのみで登録できるためすぐに登録できます。

作業自体は1分もかかりません。

コインチェックやZaifとは異なりハガキを受け取る必要がないので登録した日からすぐに利用可能です。

日本の取引所では、ハガキなどを登録しないと出金などが行えませんが、KuCoin(クーコイン)ではメールアドレスのみの登録で即日に仮想通貨の取引が可能です。

即日に仮想通貨の取引が可能ということは、大きなメリットになりますね。

 

 KuCoin(クーコイン)の登録方法と使い方|評判とチャート手数料とは

 

 

(人気の記事)

管理人のプロフィール~ブログを運営する目的~

 

仮想通貨投資初心者の必読 儲けるための3ステップ

 

最新の仮想通貨情報を個人的にお伝えしています。

資産を40倍にできました!という喜びの声をいただいております。

⇩⇩

 KuCoin(クーコイン)の登録方法と使い方|評判とチャート手数料とは 

【世界初!レバレッジ500倍取引所】

2018年8月25日に正式オープンします!

登録方法は、非常に簡単です。

メールアドレスを入力するのみ!

こちらから無料登録することができます⇩

先行で無料登録する
【お急ぎください!口座開設できない可能性があります。】

今回の取引所の口座は二度と作れないプレミアム口座となる可能性が非常に高いです。

それはなぜなのか?

日本の法規制が9月以降変えられる可能性が高いです。

チャンスを逃さないために、無料登録を済ませておきましょう。

先行で無料登録する