メルカリが仮想通貨市場に参入!〇〇が大暴騰の可能性!?

メルカリが仮想通貨市場に参入する!というニュースが飛び込んできました。

 

メルカリが、年内にも仮想通貨交換業登録を行うということです。

 

なぜメルカリが仮想通貨の交換に登録するのか?ということが疑問を感じましたが、

 

メルカリは、現在オンラインネットショップで非常に成果を出している企業になっています。

 

インターネット上で成功しているメルカリだからこそできる仮想通貨交換業というのがあるのではないでしょうか。

 

いずれにせよメルカリがどのように仮想通貨業界に参入していけるのかというのは非常に注目が集まるところです。

スポンサーリンク

メルカリの記事の内容

メルカリが、2017年11月に設立した子会社メルペイを通じて2018年中にも仮想通貨交換業登録を目指すことが日経FinTechの取材で明らかになった。メルペイは金融分野の新規事業を手掛ける方針を示していたが、事業の全容はこれまで明らかになっていなかった。今後、ビットコインをはじめとする主要仮想通貨を決済手段としてフリマアプリ「メルカリ」に組み込む。

 メルペイ代表取締役の青柳直樹氏が日経FinTechの取材で明らかにした。仮想通貨交換業は2017年4月に施行された改正資金決済法で新たに規定されている。2017年12月末時点で登録が認められた事業者数は16社。メルペイは今後、金融庁に仮想通貨交換業の登録を申請する予定だ。

 メルカリはスマートフォンで個人同士が売買するフリマアプリ「メルカリ」を2013年7月に開始。2017年12月16日には日本、米国、英国での累計ダウンロード数が1億を突破した。メルペイは国内で6000万強のダウンロード数を持つメルカリの顧客基盤をベースにまずは国内市場で金融サービスを手掛けていく予定。決済に加えて、資産運用、融資、保険、与信基盤などを含む総合金融サービスプラットフォームの構築に乗り出す。

 青柳氏は「現在の仮想通貨は投機的な側面が強い」と指摘。一部家電量販店などではビットコインが利用可能になっているものの、いまだ決済で利用可能な店舗は限られている。「(仮想通貨の)社会実装において、先鞭をつけたい」(青柳氏)としており、まずはビットコインなどの主要な仮想通貨をメルカリの決済で使えるようにする。

 その上で自社がトークンを発行するICOにも興味を示した。「メルカリとしてのスタンスは決まっていない」(青柳氏)とした上で、「発行体が開発費用調達のためにトークンを発行しているのが現状。社会的なルールが定まった上で、投機的ではなく、社会的便益をもたらす責任あるICOが望ましいと考えている」(青柳氏)とした。金融庁が2017年10月に利用者及び事業者向けに注意喚起を行っている事実を踏まえ、慎重に状況を見極めて判断していく方針だ。参照記事

 

 

メルカリが、2017年11月に設立した子会社メルペイが仮想通貨交換業を始めるということが記事にまとめられています。

 

メルカリが仮想通貨交換業に参入するということは、現在のサービスであるメルカリ上でも仮想通貨で取引ができるというのは容易に予想できると思います。

 

メルカリが仮想通貨業界に入ってきたということは、日常生活において仮想通貨を使って決済が出来たり買い物ができたりということができるような世の中になってきます。

 

メルカリが仮想通貨業界に入ってきたということは非常に了解とっても大きなインパクトになりました。

 

ですので今後のメルカリの動向もチェックしていきたいと思います。

 

いずれにせよ、2018年は前からお伝えしているように日常生活に溶け込む仮想通貨が価値ある仮想通貨として値段が上がってくると予想しています。

 

そのスタートとしてメルカリが仮想通貨業界に入ってくるということが

 

ニュースとして入ってきたので、今後の予想と仮想通貨業界の発展の後押しになるのではないでしょうか。

(人気の記事)

管理人のプロフィール~ブログを運営する目的~

 

仮想通貨投資初心者の必読 儲けるための3ステップ

 

最新の仮想通貨情報を個人的にお伝えしています。

資産を40倍にできました!という喜びの声をいただいております。

⇩⇩

ja メルカリが仮想通貨市場に参入!〇〇が大暴騰の可能性!? 

今年1番の注目を集めているWowBitトークン(WWB)がBit-Zに上場決定!!

入金開始時刻:2018年5月15日13時~

取引開始時間:2018年5月15日16時~

WWBは、世界中で注目を集めており今年1番の注目銘柄となっております。

WWBを取り扱っているBit-Z取引所の登録を済ませておきましょう。

Bit-Z取引所公式サイトはこちら