仮想通貨の税金でバレた!?国税が動き出すタイミングとは?

【世界初!レバレッジ500倍取引所】

2018年8月25日に正式オープンします!

登録方法は、非常に簡単です。

メールアドレスを入力するのみ!

こちらから無料登録することができます⇩

先行で無料登録する
【お急ぎください!口座開設できない可能性があります。】

今回の取引所の口座は二度と作れないプレミアム口座となる可能性が非常に高いです。

それはなぜなのか?

日本の法規制が9月以降変えられる可能性が高いです。

チャンスを逃さないために、無料登録を済ませておきましょう。

先行で無料登録する

去年は仮想通貨で大きな利益をあげた人は非常に多かったと思います。

 

仮想通貨で利益を上げた人が通らなくてはならない関門があります。

 

それは税金です。

 

仮想通貨の税金に関しては、ざっ所得が適用されるため非常に高額の税金が必要になります。

 

ビットコインで儲けた人に次々と税務署の調査!多額追徴課税!

 

という記事がアップされていました。

 

この記事では、仮想通貨での税金の税務調査がすでに始まっているとの記載があるのですが

 

確定申告は3月までになってるので、去年の仮想通貨での利益での税務調査はまだ入っていないと思います。

 

確定申告後に、税務署の調査はあります。

 

しかし、すぐに税務署の調査が始まるのではなく噂ではだいたい2、3年後にくると言われています。

 

税務署が調査に来るなどとビクビクするのではなく、

 

しっかり確定申告をすることでそのような悩みもなくなります。

 

そもそも論ですが、税務署とか国税を気にしている時点で間違っていますので

 

考え方を改めて、しっかり税金を納めるということが重要になってきます。

 

国税がすでに仮想通貨で多大な利益を上げている人は、情報が伝わっていると言われていますね。

 

国税に関しては、噂だけが進行し事実と異なる情報が回るため注意が必要です。

 

実際に国税が発表しているデータなどは今までに見たことがないです。

 

これは、当たり前の話ですが国税が情報収集を行い、

 

税務調査対象の訪問は、突然やってきます。

 

なので税務調査の対策などできることがありません。

 

できることは、しっかり納税するということです。

 

ビットコインの利益は税務署に筒抜け

 都内に住むAさんは数年前からビットコインを購入し、利益を確定させるため一部を円に替えたり、ビットコイン決済に対応している小売店で買い物をしたりするなどしていました。しかし、確定申告はせず、ビットコインの売却で得た所得はすべてを自分の懐に入れていました。Aさんは「バレるわけがない」と考えていたそうです。そんななか、税務署からAさんの元へ突然、電話があったのです。

 調査官は仮想通貨の取引所に照会をかけ、顧客リストを入手。売却益の多い顧客と、その顧客の確定申告状況を突合し、無申告と思われる人に電話連絡を行っていました。そのなかで、値上がりしたビットコインを売却したにもかかわらず、無申告だったAさんにも連絡したのです。

 電話を受けたAさんは、突然のことに驚いたようです。ビットコインの取引状況は誰にも話していなかったはずなのに、どうして連絡が来たのか。Aさんは、日程をすり合わせて税務署に行くことになりました。その際、ビットコインの取引に使用している預金口座の通帳を持ってくるように指示されました。また、決済に使ったビットコインがあれば、可能な限りそれに掛かるレシートも提示するように要求されました。

 2週間後、税務署の個人課税部門を尋ねたAさんは、ビットコインの売却で得た所得は、国税庁の公式見解がなかったため、申告が不要と認識していたと主張しました。確かに、調査が行われた当時、仮想通貨の売却益について所得区分が明確にはなっていませんでしたが、それにより課税を免れるものではありません。

Aさんは調査の対象になった年分中に、5000万円分のビットコインを売却。さらに、500万円分の物品の購入をビットコイン決済で行っていました。この5500万円からビットコインを取得した金額を引いた残りが、Aさんの所得として課税の対象となります。その額が4000万円を超えていれば、所得税率は45%、さらに住民税が10%、さらに延滞税と無申告加算税も賦課されます。最終的にAさんは、売却益の6割近くを納めることになりました。
 ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係について、国税庁は次のように示しています。

「ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。このビットコインを使用することにより生じる損益は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます」(国税庁タックスアンサーより)

 つまり、「基本的には『雑所得』、条件が揃えば例外的に『事業所得』になる」といっています。同じ所得税が賦課されるのに、なぜ所得区分に対して言及しているかというと、仮想通貨の売却により損失が出ても、雑所得以外の他の所得と損益通算することはできないからです。所得税法上、他の所得と損益通算できる所得は、不動産所得・事業所得・譲渡所得・ 山林所得で、雑所得が赤字になっても、その赤字で他の所得と相殺することができないのです。

 昨年まで、飛ぶ鳥を落とす勢いだったビットコインは、ほぼどのタイミングで始めても、利益を出した方がほとんどだと考えられます。しかし、今後、値が下がれば、大きく損失を出す方も出てくるでしょう。その場合、確定申告をしても、給与所得と損益通算をして、源泉徴収された所得税を還付することはできないのです。

 今後も活況を呈すると予想される仮想通貨の取引。利益が出た場合は、必ず申告しましょう。

 

参考サイト

どのような記事が上がっておりましたが、この記事にまとめられているように

 

しっかり納税をすることで、このような悩みがなくなりますので

 

仮想通貨で大きな利益を上げられた方は、最寄りの税務署に相談に行くのが

 

一番の解決法になります。

 

今までに大きな利益を上げたことが無い方が、仮想通貨で大きな利益を上げた方も多くいらっしゃると思います。

 

今後の人生で、非常に重要な学びのタイミングだと思いますので

 

この機会を活かし今後の人生の役に立つていただければなと思います。

 

 

【世界初!レバレッジ500倍取引所】

2018年8月25日に正式オープンします!

登録方法は、非常に簡単です。

メールアドレスを入力するのみ!

こちらから無料登録することができます⇩

先行で無料登録する
【お急ぎください!口座開設できない可能性があります。】

今回の取引所の口座は二度と作れないプレミアム口座となる可能性が非常に高いです。

それはなぜなのか?

日本の法規制が9月以降変えられる可能性が高いです。

チャンスを逃さないために、無料登録を済ませておきましょう。

先行で無料登録する