ナスダック、CMEやCBOEとは異なる先物!?異なるビットコイン先物取引とは?

メアド登録者全員対象!リップル1万円分or現金1万円分が欲しい方は下記をクリック!

米株式市場NASDAQ(ナスダック)では、現在あるような先物取引ではなくビットコイン先物取引ではない新たな方法で先物取引をスタートさせるかもしれないというニュースが大きなニュースになりました。

「私たちはパートナーとともに仮想通貨の先物取引の考え方について調査し続けており、そのリスク管理についても検討しております。適切なプロトコルを適切に配置し、しっかりとした需要があることを確認し、すでにある契約形態とは異なる契約であることも認識しております。」

現在ビットコイン先物取引は、リスク管理がまだまだ弱く、そのリスをどのように管理していくのかというのが非常に大きな問題になっています。

現在あるリスク管理を徹底することでまた新たにナスダックでは取引上をスタートするということではないでしょうか。

「顧客需要と、それにともなう適切なリスク管理については、CFTC(米商品先物取引委員会)に確認しなければならないでしょう。」

CFTC(米商品先物取引委員会)で、リスク管理を徹底することで

今後益々ビットコイン先物取引の需要が高まってくのではないかと感じています。

 

今後のCFTC(米商品先物取引委員会)の動向に注目が集まります。

参照記事はこちら

資産を40倍にできました!という喜びの声をいただいております

友だち追加

仮想通貨を買う前に必ず読んでください

メアド登録者全員対象!リップル1万円分or現金1万円分が欲しい方は下記をクリック!

手数料激安、超おすすめ取引所

ビットフライヤーの無料登録

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

寄付はBTCでお願いいたします。

BTCアドレス 13Cfds45nzHzQVoiuEfGWDinXadyyDELZt