ナスダック、CMEやCBOEとは異なる先物!?異なるビットコイン先物取引とは?

【世界初!レバレッジ500倍取引所】

2018年8月25日に正式オープンします!

登録方法は、非常に簡単です。

メールアドレスを入力するのみ!

こちらから無料登録することができます⇩

先行で無料登録する
【お急ぎください!口座開設できない可能性があります。】

今回の取引所の口座は二度と作れないプレミアム口座となる可能性が非常に高いです。

それはなぜなのか?

日本の法規制が9月以降変えられる可能性が高いです。

チャンスを逃さないために、無料登録を済ませておきましょう。

先行で無料登録する

米株式市場NASDAQ(ナスダック)では、現在あるような先物取引ではなくビットコイン先物取引ではない新たな方法で先物取引をスタートさせるかもしれないというニュースが大きなニュースになりました。

「私たちはパートナーとともに仮想通貨の先物取引の考え方について調査し続けており、そのリスク管理についても検討しております。適切なプロトコルを適切に配置し、しっかりとした需要があることを確認し、すでにある契約形態とは異なる契約であることも認識しております。」

現在ビットコイン先物取引は、リスク管理がまだまだ弱く、そのリスをどのように管理していくのかというのが非常に大きな問題になっています。

現在あるリスク管理を徹底することでまた新たにナスダックでは取引上をスタートするということではないでしょうか。

「顧客需要と、それにともなう適切なリスク管理については、CFTC(米商品先物取引委員会)に確認しなければならないでしょう。」

CFTC(米商品先物取引委員会)で、リスク管理を徹底することで

今後益々ビットコイン先物取引の需要が高まってくのではないかと感じています。

 

今後のCFTC(米商品先物取引委員会)の動向に注目が集まります。

参照記事はこちら

【世界初!レバレッジ500倍取引所】

2018年8月25日に正式オープンします!

登録方法は、非常に簡単です。

メールアドレスを入力するのみ!

こちらから無料登録することができます⇩

先行で無料登録する
【お急ぎください!口座開設できない可能性があります。】

今回の取引所の口座は二度と作れないプレミアム口座となる可能性が非常に高いです。

それはなぜなのか?

日本の法規制が9月以降変えられる可能性が高いです。

チャンスを逃さないために、無料登録を済ませておきましょう。

先行で無料登録する