ナスダック、CMEやCBOEとは異なる先物!?異なるビットコイン先物取引とは?

米株式市場NASDAQ(ナスダック)では、現在あるような先物取引ではなくビットコイン先物取引ではない新たな方法で先物取引をスタートさせるかもしれないというニュースが大きなニュースになりました。

「私たちはパートナーとともに仮想通貨の先物取引の考え方について調査し続けており、そのリスク管理についても検討しております。適切なプロトコルを適切に配置し、しっかりとした需要があることを確認し、すでにある契約形態とは異なる契約であることも認識しております。」

現在ビットコイン先物取引は、リスク管理がまだまだ弱く、そのリスをどのように管理していくのかというのが非常に大きな問題になっています。

現在あるリスク管理を徹底することでまた新たにナスダックでは取引上をスタートするということではないでしょうか。

「顧客需要と、それにともなう適切なリスク管理については、CFTC(米商品先物取引委員会)に確認しなければならないでしょう。」

CFTC(米商品先物取引委員会)で、リスク管理を徹底することで

今後益々ビットコイン先物取引の需要が高まってくのではないかと感じています。

 

今後のCFTC(米商品先物取引委員会)の動向に注目が集まります。

参照記事はこちら

Wowoo exchangeの最新情報(ロードマップ)が入りましたのでこちらにまとめております

⚠️【期間限定で無料!】

私が10年以上かけて学んできた資産構築をまとめてくれた書籍

2980円もする書籍ですが、期間限定で無料でプレゼントされます!

この知識をインプットする事で、あなたの投資レベルは

格段にアップします。

まずは、無料でゲットしてください。

投資で資産を増やすためには必須の知識を公開

数千万円を損した経験がある私の心からの叫びです。笑)

今すぐ行動した人が、得する世の中ですね・・・

無料で受け取る方法はこちら