熊本電力がマイニング事業参入!仮想通貨を国が扱う時代に

【世界初!レバレッジ500倍取引所】

2018年8月25日に正式オープンします!

登録方法は、非常に簡単です。

メールアドレスを入力するのみ!

こちらから無料登録することができます⇩

先行で無料登録する
【お急ぎください!口座開設できない可能性があります。】

今回の取引所の口座は二度と作れないプレミアム口座となる可能性が非常に高いです。

それはなぜなのか?

日本の法規制が9月以降変えられる可能性が高いです。

チャンスを逃さないために、無料登録を済ませておきましょう。

先行で無料登録する

熊本電力株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:竹元 一真、以下「熊本電力」)は、業界最安水準かつ安定した電力供給という強みを生かし仮想通貨採掘事業を行う関連会社のOZ(オズ)マイニング株式会社(本社:東京都港区、以下「オズマイニング」)を地域新電力会社としては初めて(※当社調べ)設立しました。

情報引用元:PR TIMES

 

マイニング事業の問題点

マイニング事業に参入している企業は増えてきましたが、マイニング事業に関して

大きな問題点が一つあります。

 

それは、

 

電気代が非常に高い

という問題点になります。

 

この問題点に熊本電力という大きな組織が参入してきたというのは、仮想通貨業界にとっても大きなニュースになるのではないでしょうか。

 

熊本電力のマイニング関連会社とは

 

仮想通貨マイニング事業を展開する関連会社OZマイニング株式会社を設立

 

仮想通貨マイニング需要をメインとする関連会社を、熊本電力のような大きな会社が設立したのは今回が初めてであり、

仮想通貨市場へのインパクトも大きなニュースになりました。

 

今後このような大手企業が仮想通貨関連事業に参入してくることが予想されますので、

2018年も仮想通貨業界にとって激変する年になるのではないでしょうか。

 

ますますで今後の仮想通貨業界が楽しみになってきましたね。

 

熊本電力が行うサービスとは

 

  • 顧客に応じた最適なマイニング環境の提供
  • クラウドマイニングの提供

この2点をサービスとして行うようで、

自社で行うマイニング事業はもちろんのこと、

顧客に対してのマイニング環境を提供するという記載もあるため

日本でのマイニング事業への参入のサポートなどを行っている可能性があります。

 

また、マイニング事業展開により、業界最安水準の1kwhあたり10円台〜の電気供給を受ける、とのことです。

 

まとめ

本日は熊本電力がマイニング事業に参入するということを受け、

ブログにまとめてきました。

 

今後も日本を代表するような企業が仮想通貨業界に参入してくる可能性を非常に感じております。

 

では最後までご覧いただきありがとうございました。

【世界初!レバレッジ500倍取引所】

2018年8月25日に正式オープンします!

登録方法は、非常に簡単です。

メールアドレスを入力するのみ!

こちらから無料登録することができます⇩

先行で無料登録する
【お急ぎください!口座開設できない可能性があります。】

今回の取引所の口座は二度と作れないプレミアム口座となる可能性が非常に高いです。

それはなぜなのか?

日本の法規制が9月以降変えられる可能性が高いです。

チャンスを逃さないために、無料登録を済ませておきましょう。

先行で無料登録する