スポンサーリンク

国際政府間機関FATFの規制で仮想通貨から暗号資産へ 注目ニュース発表

スポンサーリンク スポンサーリンク

国際政府間機関FATFの規制で仮想通貨から暗号資産へ変わることが決定しました。

そもそもFATFとはなんなのか?

どんな規制が行われていくのか?

に関してまとめます。

 

仮想通貨取引所の規制を「商業銀行」と同等水準へ

ATFAが加盟国に仮想通貨規制を勧告へ

今年6月に仮想通貨規制を勧告するFATFは、仮想通貨を「財産、収益、資金、その他の資産」とみなすべきと主張。約10年ぶりとなる日本への「対日相互審査」は、10-11月頃を予定している。

この規制により暗号資産市場へは、ポジティブな影響をもたらすだろう。

なぜなら、国際的に暗号資産市場への規制が明確化されることにより、

機関からの資産も流入してくることが期待できるからです。

今年の暗号資産市場の動きを見ていく中で、国際政府間機関FATFの規制は注目したいイベントになります。

2019年6月の正式決定を待ちましょう。