スポンサーリンク

PGA(プランスゴールド)税金はどうなるのか解説!

スポンサーリンク スポンサーリンク

PGA(プランスゴールド)税金はどうなるのか解説!

-2020-05-22-11.35.37 PGA(プランスゴールド)税金はどうなるのか解説!

今回こちらの記事では「PGAによって利益が生まれた際に税金が発生するのか?」、また、「発生するのであればどのタイミングで発生するのか?」について詳細に解説していきます。

現金クレジットに入金されるだけでは税金は発生しない

-2020-05-22-11.35.37 PGA(プランスゴールド)税金はどうなるのか解説!

プランスゴールド(PGA)にて報酬が発生すると利益は収入ウォレットに入金されますが、収入ウォレットに入金されるだけでは税金はかかりません。仮想通貨と似ていて、例えばビットコインが上昇して100,000円が300,000円になっても利益確定せずにビットコインの状態のままで保有している状態では税金がかからないことと同様です。つまり、プランスゴールド(PGA)に10万円を投資して、収入ウォレットが30万円になっても利益確定しない限り、そこで生まれた利益である20万円に税金は発生しません。

現金クレジットから出金する時に税金が発生する

-2020-05-22-11.35.37 PGA(プランスゴールド)税金はどうなるのか解説!

プランスゴールド(PGA)は収入ウォレットに報酬を入れておくだけでは税金は発生しませんが、それを出金するためにビットコインに換金したタイミングで利益分に税金が発生します。

例えば

プランスゴールド(PGA)に10,000ドルを投資し、利益をあげることで収入ウォレットに20,000ドルの報酬が入ってきたとします。それを出金するためにビットコインに換金したタイミングで利益分の10,000ドルに税金が発生します。

仮想通貨で税金が発生するタイミングについて

仮想通貨の税金が発生するタイミングを知ることでより、プランスゴールド(PGA)の税金についても理解が深まりますので簡単にご紹介します。
仮想通貨に税金が発生するタイミングは下の4つになります。

  • 他の仮想通貨を購入した場合
  • 日本円に換金した場合
  • 仮想通貨で物を購入した場合
  • マイニングによって仮想通貨が増えた場合

それぞれを詳細に説明します。

他の仮想通貨を購入した場合

仮想通貨は他の仮想通貨を購入した場合、投資額以上に利益をあげた場合に、そこで得られた利益に対して課税がされます。
例えば、ビットコインを10,000ドル分を購入し、ビットコインの高騰によって20,000ドルになった場合、ビットコインのままの状態では課税はされませんが、それをリップルに交換したタイミングで、利益分の10,000ドルに課税されます。

現金に換金した場合

仮想通貨を現金に換金した場合には利益分に課税がされます。
例えば、ビットコインを10,000ドル分を購入し、ビットコインの高騰によって20,000ドルになった場合、ビットコインのままの状態では課税はされませんが、それを現金するために利益確定したタイミングで利益分の10,000ドルに課税されます。

仮想通貨で物を購入した場合

仮想通貨を用いてモノを購入した場合には利益分に課税がされます。
例えば、ビットコインが1BTCが10,000ドルの時に購入し、ビットコインが高騰し、20,000ドルになった場合、20,000ドルのパソコンを購入した場合は利益分の10,000ドルに課税されます。

マイニングによって仮想通貨が増えた場合

ビットコインは実はマイニングによっても増やすことができます。
仮にマイニングによって10,000ドル分のビットコインから20,000ドル分のビットコインに増えた場合、増えた10,000ドル分に課税されます。

収入ウォレットの出金により適応される項目は2つ

上記で記述した4つの項目の中でプランスゴールド(PGA)に当てはまるのは下の2つです。

  • 他の仮想通貨を購入した場合
  • 日本円に換金した場合

    他の仮想通貨を購入した場合

    プランスゴールド(PGA)への投資額が10,000ドルで収入ウォレットが20,000ドルになった場合、収入ウォレットからビットコインに換金したタイミングで利益分の10,000ドルに課税されます。
     

    現金に換金した場合

    20,000ドルをビットコインに換金し、ビットコインの価格の高騰によって、30,000ドルになった状態で現金に換金した場合は利益分の10,000ドルにさらに課税されます。
     

利益は雑所得に分類される

仮想通貨やプランスゴールド(PGA)によって得た利益は雑所得に分類されます。雑所得の枠内で200,000円以上の利益を出した場合には確定申告が必要になってきます。反対に利益が200,000円以下の場合は確定申告の必要はありません。

利益と税金の計算について

仮想通貨による所得は総合課税が適用されます。総合課税とは、全ての所得の合計金額によって所得税率が決まります。
所得金額による所得税率については下に書いておりますので参考にしてください。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超〜330万円以下 10% 97,500円
330万円超〜695万円以下 20% 42万7,500円
695万円超〜900万円以下 23% 63万6,000円
900万円超〜1,800万円以下 33% 153万6,000円
1,800万円超〜4,000万円以下 40% 279万6,000円
4,000万円超〜 45% 479万6,000円

プランスゴールド(PGA)税金に関するまとめ

課税されるタイミング

収入ウォレットからビットコインに換金した場合

ビットコインに換金後、価格口頭で利益が出た場合

課税されない金額

雑所得に分類されるため、20万円以下の場合は課税されない

 

今回はプランスゴールド(PGA)の税金に関わる内容についてまとめました。結論として、仮想通貨もプランスゴールド(PGA)も換金するタイミングや出金するタイミングで税金が発生します。

最後にプランスゴールド(PGA)の税金に関して簡単にまとめますのでご参考にしてください。

“MEMO”
  • 収入ウォレットからビットコインに換金したタイミングで課税される
  • ビットコインから現金にするタイミングで、ビットコインの価格の高騰により利益が生まれた場合は課税される
  • 仮想通貨による所得は雑所得に分類されるため、利益が20万円以下の場合は確定申告は不要

他にもプランスゴールド(PGA)に関する記事を書いておりますので是非一度、読んでみてください。

PGAの投資で月利15〜20%の資産運用方法を大公開!効率的に稼ぐ方法とは!?

当サイトからPGAにご参加した方に特典!!

特典1:PGA(プランスゴールド)に関する最新情報を受け取れる秘密のグループにご招待!(200名超えています)

特典2:日本一のフォロー体制を整える当グループにご招待!(質問し放題!)

特典3(希望者のみ):本気で紹介者を出したい人に1対1での個別フォロー(先着10名様限定)紹介者の出し方やツールなど全てを教えます!!

このような豪華特典をつけている紹介者は誰もいません。ぜひPGAの参加を検討されている方はご検討ください。PGAにご参加された方は、LINE officialアカウントから【PGAに参加しました】とご連絡ください。質問は随時受付中です。PGAの登録は以下から可能です。

PGAのご質問やフォローしてもらい方は友だち追加をお願いいたします。
-2020-05-22-11.35.37 PGA(プランスゴールド)税金はどうなるのか解説!ユウ@資産家ライフ

PGAのリスクをきちんと理解して運用・投資を

PGA(プランスゴールド)で投資をする際にリスクを恐れる一番は投資金が減ったり、投資金そのものが無くなってしまうことではないでしょうか?

とりあえずPGAでは、投資金が減るということはシステム上ではありません。なぜかというとPGAシステムが利益の出る裁定取引のみ行っているからです。そしてPGAはこの利益の出た裁定取引から手数料を私たちから取って運営しています。

なので投資金が徐々に減っていくことや、いきなり無くなる様な取引はないので安心して良いと思います。

投資に絶対はありませんし、元金が保証されているわけでもないので自己責任になってしまいますが、PGAは利益が出る仕組みがしっかり整っていて、誰でも出来るメリットの多い2020年度イチオシの投資だと私は思います。